アクセス
nba
お見積りフォーム
運送申込書、運送引受書・乗車券
KKT 春日部ツーリスト

輸送安全マネジメントに関する取り組み

株式会社春日部観光バスは、輸送の安全を確保するために、以下の通り全社員が一丸となって取り組みます。

輸送の安全に関する我が社の安全方針

  1. 経営の責任者である社長は、輸送の安全の確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社員への周知徹底を行い輸送の安全の確保に主導的役割を果たしていきます。

  2. 会社は輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善」を絶えず行い、社員が一丸となって遂行するほか、絶えず輸送の安全の向上に努めていきます。

社内への周知方法

「安全方針」「社内目標」を社内に掲示し、乗務員教育時や会議等を活用して全社員に周知徹底する。

平成28年度目標(期間1月1日~12月31日)

人身事故  0件 (平成27年度は人身事故ゼロ)
物損事故  50%以上減 (平成27年度は物損事故3件)

平成28年度目標に関する輸送の安全計画

新型無線機を導入し、現在地の把握が容易になる事で労務管理を徹底
運行管理システムや補助機器の更新
新しいルート・危険箇所・渋滞ルート等を社内掲示し情報を共有化する。

平成28年度の輸送の安全に関する達成状況

平成28年度、目標の達成状況(期間1月1日~12月31日)

平成28年度の目標は人身事故0件、物損事故(当社基準による)50%減を目指し
(平成27年度は人身事故0件、物損事故3件)事故防止対策に取り組んでまいりましたが、
人身事故は0件、物損事故に関しては4件発生し、結果的には目標を上回ってしまいました。
(追突事故1件(相手方の追突による自爆事故)、飛び石によるフロントガラス破損2件、後退時に措ける接触事故)
※ 自動車事故報告規則第2条に想定する事故件数は0件

平成28年度の安全に関する反省事項

最新危機を使用した労務管理の徹底やシステムの更新の目標は達成したが、自社事故事例の教訓を活かせず、
同じ内容の事故を繰り返した事。また、基本的な事項であるが、右左折時等の安全確認に対する実践指導の必要性を痛感し、
次年度の乗務員教育時には車輌を使用しての基本的な安全確認の実践指導を取り入れる。

平成29年度目標(期間1月1日~12月31日)

※ 重大事故・飲酒運転の撲滅
  防衛運転による  人身事故・物損事故  ゼロ

平成29年度目標に関する輸送の安全計画

※ あらゆる事故を未然に防止する為、車間距離の保持を徹底(モービルアイ・追突防止機能を有効に活用し車間距離の意識向上)
※ ルートや・施設等の最新情報を共有する事で、打合せを確実にし、心にゆとりを持った運行を心掛け、必要な情報を
  確実に伝達する事で未然に事故を防ぎ、安全確保を最優先とした運行をする。
※ 飲酒運転撲滅・・・アルコールチェックの徹底・マニュアルの活用や日頃より飲酒運転防止の啓発活動を心掛ける。
※ 新型ドライブレコーダーの導入による自社事故事例H・Y集の作成に取組み、安全運転教育に反映させる。
※ 労務管理の徹底・・・新型無線機による運行状態の管理・把握を徹底し、計画的な労務管理に取組む。
※ 運行前後の点検を徹底し、車輌の細かな変化にも十分注意し、車輌故障による重大事故を未然に防ぐ
※ 車輌後退時や右左折時の安全確認を徹底し、乗務員教育時に車輌を使用しての実践指導にも取組む
 (補助員の活用や、動作前目視による確認等、基本的な事項を再確認させる事で意識の向上を目指す)

安全管理規定

別紙、安全管理規程の通り。

 PDF  安全管理規定 >>>