スタッフ募集
アクセス
nba

株式会社春日部観光バスは公益社団法人日本バス協会(NBA)に加盟しています。

お見積りフォーム
運送申込書、運送引受書・乗車券
KKT 春日部ツーリスト
クレヨン号の紹介

輸送安全マネジメントに関する取り組み

株式会社春日部観光バスは、輸送の安全を確保するために、以下の通り全社員が一丸となって取り組みます。

輸送の安全に関する我が社の安全方針

  1. 経営の責任者である社長は、輸送の安全の確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社員への周知徹底を行い
    輸送の安全の確保に主導的役割を果たします。

  2. 会社は輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善」を絶えず行い、社員が一丸となって遂行するほか、
    絶えず輸送の安全の向上に努めていきます。

社内への周知方法

「安全方針」「社内目標」を社内に掲示し、乗務員教育時や会議等を活用して全社員に周知徹底する。

平成31年度(令和元年)目標(期間1月1日~12月31日)

重大事故・飲酒運転の撲滅
防衛運転による 人身事故  0件 (平成30年は人身事故0)
物損事故  
50% 減 安全意識を高め自損事故ゼロ(平成30年は物損事故11件)

平成31年度(令和元年)目標に関する輸送の安全計画

※あらゆる事故を未然に防止する為、速度に応じた車間距離の保持を徹底する
  (モービルアイ・追突防止機能を有効に活用し車間距離の意識向上を目指す)
 また、新型車両に搭載される衝突被害軽減ブレーキを作動させない運転を心掛け意識する。(発動が不意な為、被害が出る可能性がある為) 

※無用なトラブルを防止する意味でも、速度を控えめに走行車線の走行に努め、キープレフトの励行

※ルートや・施設等の最新情報を共有する事で(施設進入方法・最短ルートや幅広いルート選択が出来る等)
 心にゆとりを持った運行が可能になり、必要な情報を確実に伝達する事で事故を未然に防ぎ、安全確保を最優先とした運行をする。 

※飲酒運転撲滅・・・アルコールチェックの徹底・マニュアルの活用や日頃より飲酒運転防止の啓発活動を心掛ける。

※自社事故事例だけでなく、他社と事故事例ヒヤリ・ハットデータ共有を呼び掛け、より多くの事故事例を学ぶ事で、安全運転教育に反映させる。
 (映像学習を基にヒヤリハットの情報を共有し事故意識を高める為、グループ学習をより多く取り入れ、全社員の意識向上を目指します)

※労務管理・健康管理の徹底・・・運行の管理・把握を徹底し、計画的な労務管理に取組み、MRI等を受診させる事で、
 健康管理面での積極的な指導も取入れる。
 (疲労や健康状態等に起因する事故を起こさぬ様、自身の健康状態等を伝えやすい(言いやすい)環境を作る事が理想である為、
  周囲の環境を整備する)

※運行前後の点検を徹底し、運行中においても車両の状態をよく確認する事で、車両の細かな変化にも十分注意し、
 車輌故障による重大事故を未然に防ぐ。
 (異音等の普段の状態と少しでも違和感を覚える場合や、異常(大小係わらず)を発見した場合は、速やかに管理者に報告し、
  運行中止等の判断を早めに仰ぐ)

※車両後退時や右左折時の安全確認(出来る限り目視での確認)を徹底し、動作の前に一呼吸おく事で心にゆとりを持ち、
 安全に対する意識を高める。
 (車両を使用しての実践指導時には、補助員・ガイドの活用や、動作前目視による確認等、基本的な事項を再度確認させる事で
  意識向上を目指す)

※常に「・・・だろう」運転ではなく、「・・・にちがいない」という予測運転をし、急の付く動作を回避する事により、防衛運転に繋げる。

※車両後退時や右左折時の安全確認を徹底し、乗務員教育時に車輌を使用しての実践指導を有効的に盛込む(回数の増加・時期を再考)
 (補助員の活用や、動作前目視による確認等、基本的な事項を再度確認させる事で意識向上を目指す)

平成31年度(令和元年)の輸送の安全に関する達成状況

平成31年度、目標の達成状況(期間1月1日~12月31日)

平成31年度の目標は重大事故・飲酒運転の撲滅をテーマにし、人身事故0件・物損事故(当社基準)50%減を目指し、
事故防止対策に取り組んでまいりました。
(平成30年度は人身事故0件、物損事故11件)
結果は、人身事故0件・物損事故に関しては6件発生しましたが、平成30年の物損事故11件からおよそ半分に削減させる事で、
少しでも目標値に近付く事が出来ました。(後退時接触事故4件、右左折時の接触事故2件、 ※ 飛び石は事故カウント無し)

※ 自動車事故報告規則第2条に想定する事故件数は0件

平成31年度(令和元年)の安全に関する反省事項

前年に比べ物損事故件数が約半分に削減出来たが、事故内容は不注意によるもの・確認不足によるものと、常日頃から注意している事であり、
日々の対策や意識の問題で防げるものが多いのではないかと思います。

実車中における物損事故が2件ありましたが、運行に影響が無かった事は不幸中の幸いと言えます。

総じて軽い接触事故が多いだけに、現場での安全確認をもっとしっかりと行っていれば、十分に防げる事故ではないかと振返り反省しております。

次年度は安全計画における教育テーマ・教育題材を見直し、乗務員教育の内容も変化に富んだ飽きのこないメニュー『参加型』を多く作り、
今年度よりも実車両を使用しての教育題材を多く作成し、実践指導を有効に生かせるよう努力したいと思います。

また、今年度の学科メニューでは “交通安全テスト” を盛込み、見慣れない標識などをクイズ形式にする事で、
進んで学習するよう意識しましたが、次年度も同様のメニューを採り入れ、事故防止に向け、より一層の意識改革に取組もうと思います。

今回、車庫での後退時追突事故が2件発生した理由は、車庫内での明暗の環境不良が原因であり、周辺環境の整備の必要性を痛感しました。

また、自損事故の原因の多くが、漫然運転やうっかりからくる事故なので、疲労や健康上の要因を事故に結びつかせぬ様、
健康管理や労務管理を徹底し、一つでも事故を削減出来るよう、引き続き安全確認・安全の確保を周知徹底いたします。

令和2年度目標(期間1月1日~12月31日)

※重大事故・飲酒運転・健康起因事故の撲滅
 防衛運転による 人身事故 0件の継続
         物損事故 50%減
       (安全意識を高め自損事故ゼロ

令和2年度目標に関する輸送の安全計画

※あらゆる事故を未然に防止する為、速度に応じた車間距離の保持を徹底する
 (モービルアイ・追突防止機能を有効に活用し車間距離の意識向上を目指す)
 また、新型車両に搭載される衝突被害軽減ブレーキを作動させない運転を心掛け意識する。(発動が不意な為、被害が出る可能性がある為) 

※無用なトラブルを防止する意味でも、速度を控えめに走行車線の走行に努め、キープレフトの励行

※ルートや・施設等の最新情報を共有する事で(施設進入方法・最短ルートや幅広いルート選択が出来る等)
 心にゆとりを持った運行が可能になり、必要な情報を確実に伝達する事で事故を未然に防ぎ、安全確保を最優先とした運行をする。 

※飲酒運転撲滅・・・アルコールチェックの徹底・マニュアルの活用や日頃より飲酒運転防止の啓発活動を心掛ける。

※自社事故事例だけでなく、他社と事故事例ヒヤリ・ハットデータ共有を呼び掛け、より多くの事故事例を学ぶ事で、安全運転教育に反映させる。
 (映像学習を基にヒヤリハットの情報を共有し事故意識を高める為、グループ学習をより多く取り入れ、全社員の意識向上を目指します)

※労務管理・健康管理の徹底・・・運行の管理・把握を徹底し、計画的な労務管理に取組み、MRI等を受診させる事で、
                健康管理面での積極的な指導。
 健康に関しては本人の意識改革がもっとも大切な為、毎日の血圧測定(車庫に常備)や体調の変化等を管理者に伝える様指導
 (疲労や健康状態等に起因する事故を起こさぬ様、自身の健康状態等を伝えやすい(言いやすい)環境を作る事が理想である為、
  周囲の環境を整備する)

※自身の健康に対する意識を向上させ、予防に努める様指導
 (インフルエンザ等の予防接種や、空いた時間を使用しての運動・体操や喫煙などを積極的に指導)

※運行前後の点検を徹底し、運行中においても車両の状態をよく確認する事で、車両の細かな変化にも十分注意し、
 車輌故障による重大事故を未然に防ぐ。
 (異音等の普段の状態と少しでも違和感を覚える場合や、異常(大小係わらず)を発見した場合は、速やかに管理者に報告し、
  運行中止等の判断を早めに仰ぐ)

※車両後退時や右左折時の安全確認(出来る限り目視での確認)を徹底し、動作の前に一呼吸おく事で心にゆとりを持ち、
 安全に対する意識を高める。
 (車両を使用しての実践指導時には、補助員・ガイドの活用や、動作前目視による確認等、基本的な事項を再度確認させる事で
  意識向上を目指す)

※実車両を使用しての教育訓練回数を増やし、自身における死角の範囲等を改めて再認識し安全確認に対する意識を高める。
 (例えば、カラーコーンや段ボールなどの障害物を置いて、死角や確認範囲の見え方等を理解してもらい、実践に役立つ様指導)

※設備等、周辺環境の改革も必要である為、車庫照明設備の位置・車両駐車位置の変更や、前照灯LEDライトの新たな取付けにより、
 夜間の死角低減を目指し、『見えない・見えづらい』を無くす、周辺環境の整備を実行する。

※常に「・・・だろう」運転ではなく、「・・・にちがいない」という予測運転をし、急の付く動作を回避する事により、防衛運転に繋げる。

令和2年度目標に関する輸送の安全計画

安全管理規定

別紙、安全管理規程の通り。

 PDF  安全管理規定 >>>